約束のネバーランド

約束のネバーランドネタバレ|最新話【132話】「 誅伐」のあらすじ感想!



約束のネバーランドの最新話【132話】は2019年4月22日発売の週刊少年ジャンプ2019年21号にて掲載されています!

この記事では約束のネバーランド最新話132話「誅伐」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録して約束のネバーランドの最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

1ヶ月以内に解約で一切料金は発生しません

前回の131話のネタバレ・あらすじについては下記の記事を御覧ください♪

約束のネバーランドネタバレ|最新話【131話】「入口」のあらすじ感想!約束のネバーランドの最新話【131話】は2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ2019年20号にて掲載されています! この記事...

約束のネバーランド132話|「誅伐」のネタバレあらすじ

遠路はるばるご苦労。

此度陛下がそちらを集めたのは昨今の盗難騒動とそれに伴う自体収集のためである。

 

女王「よい、面をあげよ」

盗難とはノーマン率いるメンバーが起こしている農園奇襲のことだった。

半年ほどでどんどんとそれは増えていき、鬼にとっては人肉が不足してしまい、民の不満が募っていた。なかでもノウム、バイヨン卿の領地は被害が大きい。

 

しかし、問題はそれだけではなくラムダもその系列の農園もすでに複数破壊されているのが事実だった。

バイヨン卿「陛下、諸兄の損害も馬鹿にはならぬでしょう。」

女王「左様、しかし真にゆゆしきはその手口の完璧さにある」

と内部警備をまるで完全にしりつくしているような狙い方、そして知能が高いラムダやその系列を選り好みして襲っていることが問題だと女王は掲げた。

女王「新手の盗難賊徒」

すでにその賊徒が奪ったラムダなどの人肉を食べているならば下等愚民ではなく一大勢力があるのでは?と考えていた。

 

女王「いずこの輩も謀反はゆるサム。見つけて捉えて打ち尽くす」と女王は蝶を刺して言う。

女王「誅伐じゃ、ディファリまでにはかたを付けよう」

と女王も本腰で討伐に動くよう鬼たちに命令をくだした。

 

 

ーーー

一方鬼たちが動きだしたのをノーマンの仲間はしっかりと感知してミミズクを使って伝書鳩の如く内容を報告した。

ヴィンセント「動いた」

ノーマン「よし、まず一手。計画通りだ」

というノーマンの指にはチェスのコマが。

ノーマンたちの目的は王家と五摂家の全員の首。それを狙うには王都の強大な兵が邪魔だった。大きな動きを見せた鬼たちを見て、ノーマンはこれでまず兵力を分断できると考えたのだ。

 

ヴィンセント「ラムダもその他も全部、王家・五摂家の奴らは襲ったのが他の鬼だと思いこんでいる。」

そう思わせるようにラムダを壊す時に仕掛けていたのだった。すでにノーマンの支配どおりに動きはじめている鬼たち。

ノーマン「最大限の兵を率いて賊徒を狙いに来る、それでいい、その兵はぼくらをうつことはできない」

 

ノーマン「決行は8日後。儀祭のさなか王・貴族を殺す」あと8日で現実が一つ変わる…

さあゲームのスタートだ。

 

ヴィンセント「あとは邪血のもんだいをどうするか。」

邪血の生存が本当であればこの作戦や計画は成就しない。しかしこれに対してもノーマンはすでに対策を考えていた。

 

そして…ノーマンが呼びつけたのはドンとギルダ。

 

ーーーエマ&レイ

レイ「なあエマ、俺たち七つの壁に向かってたんだよな、じゃあここは扉の先なんだよな?」

レイはエマに一つずつ質問しながら今現在の自分たちの状況を必死で理解しようとしていた。

だが、扉を超えたエマとレイの眼の前に現れたのはなんと、、、、

グレイスフィールドハウス?と思われる郷愁の我が家が目の前にはあったのだった…

 

 

—–133話へ続く—–




約束のネバーランドの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでが約束のネバーランド132話ののネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに約束のネバーランドの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!約束のネバーランドを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

1ヶ月以内に解約で一切料金は発生しません

約束のネバーランド132話|「誅伐」の感想

いやいやいや!!!前半の鬼たちの会議も。ノーマンの作戦結構の部分もどうでもいい位に最後のエマとレイが降り立った場所が農園しかも逃げ出してきたはずのグレイスフィールドだったという展開はやばい!!

でもその感じからしてすでに使われていないハウスなのかな?

とも思ってしまいました。七つの壁を目指してきたはずがたどり着いたのはグレイスフィールド。ということはここに壁の向こう側の秘密が隠されているのか!?

もう展開が正直わからなくなってきた笑




本記事のまとめ

この記事では約束のネバーランド132話「誅伐」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

1ヶ月以内に解約で一切料金は発生しません