ジャンプSQ

双星の陰陽師ネタバレ|最新話【72話】「双星の陰陽師」のあらすじ感想!



双星の陰陽師の最新話【72話】は2019年6月4日発売のジャンプSQ.2019年7月号にて掲載されています!

この記事では双星の陰陽師最新話72話「双星の陰陽師」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録して双星の陰陽師の最新話が収録されているジャンプSQ最新号を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

前回までの各話ネタバレはこちら

>>双星の陰陽師ネタバレ一覧<<

双星の陰陽師72話|「双星の陰陽師」のネタバレあらすじ

荒野に乾いた風が容赦無く吹き付ける。

その轟音が悠斗の放った衝撃の凄まじさを物語っている。

悠斗がふらっと呻きながら立ち上がる。

ろくろは目の前に立ちふさがった天馬を呼ぶ。

天馬に駆け寄りろくろはなぜ?と問いただす。

天馬は満身創痍で横たわり、目は血に濡れ、左腕は千切れていた。

息も絶え絶えながら、ろくろを煽る天馬。

「俺が体を張ってやったんだ これで死んだらお前の弱さのせいだな」

ろくろは信じられないと言葉をこぼす。

「最強だったら、あんたは最後まで生き残らなくちゃ駄目だろ!」

ろくろの信頼混じりの言葉に天馬は血を吹き出しながら語り続ける。

「所詮俺は替えが利く」「ここでお前(双星)が死ねば全部水の泡になる」

天馬は以前みた映像から、ここで自身が命を落とすことをわかっていた。

多くの仲間に囲まれていたその時の映像からはいくらか違いがあったが、

この結末を受け入れろくろを庇っていた。

そこまで語ったあと、天馬は唇を噛み締め、絞り出すように言葉を紡ぐ。

「めちゃくちゃにしてやりてぇ…何もかも!」

何も信じられない。何も信じたくない。

幼少期の凄惨な経験も。

陰陽師も。土御門島も。

全部消えてなくなればいい…こんな現実めちゃくちゃになればいい。

天馬はこれまで抱えていながらも口に出せなかった気持ちを、

最期とばかりにろくろへ吐き出す。

「お前も…そう思うだろう?」

なにも言わずきいていたろくろは、天馬の気持ちを汲みとるように応える。

「うん、思うよ。あんたはもう休んでくれ。俺がブチ壊してやる。あんたの代わりに全部」

さっきまでの悲壮さは消え、目に力を湛えながらろくろは微笑んでいる。

陰陽師のことも、土御門島のことも、ケガレとの戦いも。

全てを塗り替え真っ白にする。

ろくろは自身の内側の炎をさらに燃え上がらせるように言葉を解き放つ。

それに訂正とばかり、

「そこは…俺”が”じゃなくて、俺”たち”にしとけ…」と

いたずらっぽく天馬が口を挟んだ。

ろくろは意味をつかめずにいた。

「お前は一人じゃない。てめぇらは離れてちゃうまくいかねぇ様になってんだよ」

生きろよ 太陰(紅緒)と共に

それを最後に天馬の口から言葉を紡がれることはなかった。

 

一瞬の静寂を切り裂く様に、悠斗の叫び声が轟く。

悠斗の手の先には禍々しい力が渦巻く。

「ふんばり所だな… ふんばり所だな!!!

ろくろが自分に言い聞かせる様に、鼓舞する様に叫ぶ!

ろくろが護符を手に悠斗を振り向き、攻撃を仕掛ける…と思った刹那、

悠斗の頭上から3体の巨大なケガレが突如姿を表した。

不意をつかれたろくろが間の抜けた悲鳴をあげる。

次々と湧いて出てくる巨大なケガレ。

その中心と思しき地面にできた黒い空間は次第に広がっていく。

 

一方、別階層で退治していた鈩と四皇子も異変を察知していた。

四皇子が潮時を感じ取り撤退の動きに入った、

その時!

ケガレたちが突如動き出した!

ケガレたちは背を向けていた鈩に襲いかかる…

しかし鈩を攻撃するというより、四皇子をかばう様に動いている。

事態を把握した四皇子は詠唱を始める。

「禍野門解錠 喼急如律令」

ろくろ、悠斗のいた近くにあったのと同じ黒い空間が現れ、そこにケガレたちが入っていく。

逃げるつもりか!? 陰陽師たちがどよめき立つ。

咄嗟に追いかけようとする鈩だが、一人で深追いすることを諌められる。

撤退していくケガレと四皇子を見て「ずるいな〜自分だけ先に。俺も帰ろう」と呟く志鶴。

そんな志鶴にボロボロの体を引きづりながら逃げるのかと言う無悪。

逃さないといった口ぶりの無悪だが、「命拾いできるんだから喜べ」と志鶴は吐き捨てる。

無悪もその状況と、自分が口にした言葉が強がりであることは理解している。

陰陽師たちのオペレーションルームでは、

四皇子が開いた禍野門に入っていくケガレたちの様子を、歓喜と共に見守っていた。

取り残された3体のケガレを確認し、その掃討作戦に打って出る。

モニターに映し出されるケガレの姿。

陰陽師たちはそこに希望を見出していた。

通信インターフェイスに映し出される新。

負傷者の保護と討伐隊の指示を行なっている。

そんな新の耳にはオペレーターからケガレの逃走先の情報がもたらされた。

「深度2013」

オペレーターは「深度2013」の意味を告げる。

「深度2013では現在もなお天馬様とろくろ様が、悠斗と交戦中」

今おこっている事の意味を理解する陰陽師たち。

 

次々と湧き出すケガレたちに苦戦するろくろ。

「大事な再戦に水をさしやがって

やってやらぁぁ 後半戦前のハーフタイムショーだぁぁ!」

息巻くろくろを見つける四皇子。

先に見つけながらも動かない志鶴に攻撃しないのかと問いかけるが、

「しんどいから」と投げやりに返す志鶴。

誰が見ても状況は一目瞭然。

 

ケガレの行方を知った陰陽師たちも気が気ではない。

すぐにでも後を追おうとするが、新は許可を出さない。

誰もがろくろを救いたい気持ちを共有しているが、

戦力の余裕がないこともまた誰もが理解している。

状況を踏まえつつ新はチーム編成を考える。

 

一方ろくろは独りケガレと渡り合う。

しかしそれも満身創痍、無理を推していることは本人も分かっている。

血を吐きうずくまっているろくろを1体のケガレが襲う。

ろくろも頭では認識できていても、体が動かずそのまま吹き飛ばされる。

体を動かすこともできないまま、ついには呪装も溶けてしまった。

なんとか体を動かし、ケガレの繰り出す腕をかいくぐる。

こんなところで死ねない!まだ何もやり遂げてない!

 

……そもそも紅緒にはっきりと気持ちを伝えていないことに思い至るろくろ。

俺は生きるぞ 紅緒 俺はお前(紅緒)と 生きる

ケガレに蹂躙されながら。

ろくろの決意。

その刹那。

ろくろに取り付いていたケガレを幾条もの線が襲う。

それはとても目でその姿を捉えられないほどの速さで次々とケガレを打ち倒していく。

ろくろはただ目を開き、よろよろと立ち上がり、

手を人げて唱える。

「焔磊 紅擲」

空から舞い降りた影がろくろの手を取る。

「共振(レゾナンス)」

繰り出される「烈空魔双弾」がケガレを撃ち抜く。

オペレーションルームでも共振を観測し、事態を把握した。

「化野紅緒かっ!?」

仮面を纏った紅緒を抱きとめ、尋ねるろくろ。

「紅緒…紅緒なんだな!?」

「ごめんなさい もっと早くあなたの元に帰りたかったのに」

「全然大丈夫!丁〜度今、紅緒のことを考えてたんだ!」

紅緒の仮面が剥がれ落ちる

「あなたに伝えたいことがあるの あなたに会ってずっとずっと伝えたかったことがある」

ろくろ あなたが 好き

俺もずっと紅緒を慕ってたよ 大好きだ 紅緒

抱き合う2人から放たれる光「金鳥天衡弾・紅鏡光臨」が

集った屈強なケガレたちを一掃していく。

双星の陰陽師

双星が揃ったことで力を増したろくろ。

ふと紅緒の眼帯に目が止まり問いかける。

またこれまでの時間を共有するようにいろんなことが頭を巡るろくろと紅緒だが、

その前に片付けなければならないものがある。

リターンマッチ=2年前の再現だ!

双星として覚醒したふたりが、因縁の悠斗に立ち向かう!

悠斗に去来する想い、それは…

—–73話へ続く—–




双星の陰陽師の最新話を無料で読む方法がある!

ここまでが双星の陰陽師72話ののネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに双星の陰陽師の最新話を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!双星の陰陽師を無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

双星の陰陽師72話|「双星の陰陽師」の感想

中盤にさしかかってからのタイトルコール。

アニメでは目にする手法だけど、個人的に漫画では初めて見る展開でした。

ろくろの危機を救う紅緒の登場シーン!からの〜

引っ張って引っ張って、転の展開でのタイトルドン!はシビれましたね!!

さらに各キャラクターの思考を垣間見れるシーンも、人物の奥行きにも繋がるところかなとも思いました。

あと愛は強し!

…イチャコラなふたりを目の当たりにして、悠斗が変に拗らせないといいんですけど…




本記事のまとめ

この記事では双星の陰陽師72話「双星の陰陽師」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!