PとJK

PとJKネタバレ|最新話【58話】「光と闇」のあらすじ感想!



PとJKの最新話58話は9月13日発売の別冊フレンド2019年10月号にて掲載されています!

この記事ではPとJK58話「光と闇」のネタバレあらすじ感想!をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してPとJKの最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

 

前回までの各話ネタバレはこちら

>>PとJKネタバレ一覧<<

PとJK58話のネタバレあらすじ

居酒屋で龍はビールを片手に、功太の髪の毛が更生したことを満面の笑みで祝っている。
髪型一つに長々とからかう龍に功太は怒りを通り越し、感心していた。

”生きる屍”と化していた功太は心底心配していた。
そんな龍に対し、素直にお礼を言う功太。
からかいながらも、彼の思いやりに功太は照れ臭そうだ。

そして、カコと功太に何か溝があることに気づいていた。
おとお学園からの夏祭りの招待状を功太に見せながら、龍はカコとおしゃべりしに行こうかと話す。功太を終始からかい続ける龍にいい加減げんなりしていた。

すると、何か作業をするカコに功太からメールが届いた。
”おとお学園の夏祭りに龍が行くらしいので気を付けて”というものだった。

「気を付ける」の意味を考えつつ、功太からメールが届いたことに一歩前進だと喜ぶカコ。
その時、脳裏にはちい先生の後姿が蘇る。
気を取り直し、作業に戻るカコ。
心の中で、少しずつ進んでいければいいと呟いていた。


おとお学園では夏祭りでに賑わい、カコに連れられ、三門も学園を訪れていた。
三門が出店を回ろうとすると、カコはすかさず別のところへ引き込んだ。

カコは子供たちに唯と三門がヘアメイクしてくれると紹介している。
手伝わされることをきいていない三門はカコにキレるも、子供たちの眩い視線に負けた。

喜びのあまり興奮する女の子たちをカコは先生のように順番に並ばせる。
そんな様子に三門は感心した。

子供たちの髪の毛をセットしながら、唯が龍を誘った話を三門に話す。
しかし、龍が仕事で夏祭りに来られない事を知って三門の顔は少し暗くなった。
唯はそれを面白可笑しく話、三門をからかった。
何だかんだ仲良く話す二人にカコは嬉しくなった。


歩道橋近くで山本さんと功太がパトロールしているところに夏祭りに向かう
大神と二郎、二郎の妹・一花と遭遇した。

この前の事で気まずそうな大神を功太は呼び止めた。
”悪かった”と大神に謝罪し、警察学校に合格したことへのお祝いと労いな言葉をかけた。
後ろを向き、俯く大神に功太は泣くなと声を掛ける。
しかし、大神は泣いていたのではなく、反応に困っていたようだ。

これから功太を部下として扱えるほど、頑張って昇進してやると息巻く大神。
そして、さっさとカコと仲直りするよう功太に言い残して去っていった。

一緒にいた山本さんは大神の成長に驚いた。
そして、昔の功太と似ていると話す。
お父さんと同じにならなくたって、功太は立派な警察官だと褒めた。
そんな温かい言葉に功太も反応に困っていた。

唯と三門は女の子たちのヘアメイクをやっと終わらせ、出店を回ろうとしていた。
そこに大神たちが訪れた。
一花にヘアメイクして欲しいと頼まれ、三門は仕方なくリボンを買いに行くことにした。
二郎も三門について行くと話し、一花を大神に任せた。

残った唯と大神と一花は夏祭りを回ることにした。
大神は唯に自分の母親が原先生と再婚する話をすると唯の顔は壮絶な表情になる。
唯は大神が自由になれることに心から安堵した。


カコは雑用を済ませるため、廊下を忙しそうに走ると・・・
子供たちの絵を見る、ちい先生に遭遇した。
すぐさま立ち去ろうとする、ちい先生に「こうたくん・・・」とカコは呟いた。

カコはちい先生の名前が、”こうた”であることを子供の招待状で知った。
何があったにせよ、ひとりの人間としてちい先生を知りたいと話す。

じゃあ話しましょう・・・とちい先生の過去を話し始めた。

名前の漢字は幸福の”幸”で、名付けた親に虐待されて、ちい先生が殺してしまった。
逃走している途中、「こうた」と何度も呼ぶ声が聞こえて、それからの記憶はないこと。
殺したはずの父親が自分を追いかけてきたと錯覚し、自分に向かってきた無関係な人間を刺した。後々、被害者の刑事さんが「こうた」と呼んでいた相手が自分の息子であったことを知ったと話した。

普通の人間扱いなんて求めていないし、犯罪者なんて一生迫害されていればいい・・・
ちい先生は自分をそんな風に考えていた。

ずっと自分の罪と対峙しているより、他人から責められて反省している方がずっと簡単だからだと、ちい先生は話した。

過去は必死にちい先生を肯定した。
親からの虐待で心身耗弱状態で、記憶もなくなるくらい追い詰められていた・・・と。

ちい先生は「そんなもん本気で信じたんですか?」とカコに問う。

その頃、本部から音尾警察署に・・・
西区において、10代の刃物を持った男が歩き回っていると連絡が入った。
功太は嫌な予感がしていた。
犯人が施設の方向にいるのではと。

—–59話へ続く




PとJKの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがPとJK58話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにPとJKの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!PとJKを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

PとJK58話の感想

功太が少しずつ元気になっているのが分かる回でしたね。
からかいながらも、功太を心から心配する龍。
昔から功太をしっている優しく見守ってくれる山本さん。
そして、殴り合って功太の目を覚まさせてくれた大神。
みんながいるから、功太は少しずつ立ち直っている。
周りの方が素敵で感動しました。

そして、カコも着実に一歩ずつ前に進んでいますね。
そこに現れるちい先生。
彼の名前も「こうた」だったとは。
親から虐待されて、追い詰められていた話が真実だったら
とても悲惨な生い立ちですね。
なんだか、周りよりも自分を厳しく罰しているちい先生の姿に
言葉では言い表せられない、痛々しさを感じます。

警察署に入った一本の連絡。
犯人が施設の周りをうろついている?
本当に嫌な予感しかしませんね。
みんな逃げて~~~!!!!
次回もお楽しみに!

—–59話へ続く




本記事のまとめ

この記事ではPとJK58話「光と闇」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間間無料お試しできる

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!