PとJK

PとJKネタバレ|最新話【57話】「2人だから」のあらすじ感想!



PとJKの最新話57話は8月10日発売の別冊フレンド2019年9月号にて掲載されています!

この記事ではPとJK57話「2人だから」のネタバレあらすじ感想!をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してPとJKの最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

 

前回までの各話ネタバレはこちら

>>PとJKネタバレ一覧<<

PとJK57話のネタバレあらすじ

大神を送り、功太の家へ戻ってきた。
カコは玄関の前で深呼吸をし、「・・・よしっ」と声掛けをした。

ただいま~とご機嫌に部屋に入ると、功太がベランダから下を見ていた。
マズイ!!と思ったカコは、早まらないでと功太が飛び降りるのを止めた。

しかし、功太はただ空気の入れ替えをしていただけだった・・・。

ホッとしたのもつかの間、自分が飛び降りるかもと思った?と功太に聞かれた。
カコは何も言えなかったが、功太は親父の死が無駄になるので死んだりしないと話した。

帰り、大神が泣いていたかとカコに聞いた。
泣いていたと答えると、自分が大神の気持ちを裏切ったのだと後悔していた。

今度大神にあったら、「合格おめでとう」と伝えて欲しいとお願いした。
そんな功太の様子に、カコはぶふっと吹き出し、大神に直接お祝いを言ってあげた方が喜ぶとアドバイスをした。

功太は大神から完全に失望されたと思っていた。

カコは功太に「そんなことないよ」と優しく話した。

今は功太が少し立ち止まっているだけで、きっといつか歩き出すと大神は分かっているのだと語った。そして、カコ自身も功太を信じていると伝えた。
いつ歩き出すのは功太の人生なのだから、功太が決めればいい。

カコは功太のすべてを理解できない事を後ろめたくて、言葉を掛けるのが怖かった。

でも、もうやめるね

難しい事は一旦抜きにして、シンプルに言いたいことを伝えると宣言するカコ。

わたしは、功太君の隣を並んで歩きたい

昔も今も変わらず、カコは功太をずっと思い続けていた。

全ての考えが理解できなくても、話を聞くことはできる。
考えが違っても、きっと一緒に生きていける。

カコは真っ直ぐな目で「わたしはあなたが好きだから」と功太へ伝えた。

気持ちを伝えたかっただけだから、返事は功太のタイミングで教えて欲しいと話した。

玄関先で靴を履くカコに、功太はバス停まで送らせて欲しいと申し出た。

外を二人で歩きながら、功太はカコがもうすぐ誕生日であることを切り出した。
カコは目を輝かせながら「覚えてたの・・・!!」と喜んだ。

功太が前に言っていた通り、日常に支障がでるほど自分の状態が酷かったわけじゃないとあきれ顔で話した。

カコやねーちゃん、山本さんや龍が自分を気にかけて心配していることに気が付いていた。昔も今も、自分にはちゃんと味方がいると分かっていた。

でも、大神の言ったとおり功太は自分から逃げていた。

君はあいつを救いたい?」と功太はカコに聞いた。カコは小さくコクンと頷いた。

 

功太の父が殺された時、ちい先生は心神耗弱状態で犯行当時の記憶がなかった。

 

功太は自分のせいで父が死んだことも、当時の光景も自分だけが忘れられずに苦しんでいた。ずっと自分を共犯者のように感じながら・・・

本当はちい先生の救い方を分かっていた。それは、功太が「許す」と言ってあげること。

でも、功太を許せる人はもうこの世にはいない。

何も覚えておらず、いつか許される希望を持ち、苦しまずに生きられる・・・
そんな、ちい先生が羨ましかった。本当は父親を殺されたことより、今でも自分だけが許されず、忘れられないことで、ちい先生を憎み続けていた。

功太はそんな自分を認めるのも、理由を知られることも嫌だった。

バス停で、カコは功太の手を黙って握った。
外だったが、二人はもうそんなことはどうでもよくなっていた。

バスに乗ったカコは、ちい先生の顔が頭によぎっていた。
一人で不安と闘いながら、功太を信じて答えを待つことしか出来ないと感じた。

 

姉からメールで新聞屋のあやちゃんが子供を産んだことを知る。

彼女と話した時、いい思い出はこれからきっと増やせると言われたことを思い出していた。

学園夏祭りの開催まであと少しなので、お祭りに呼びたい子は招待状を書いていた。
カコは園児の一人がちい先生に招待状を書いているときき、招待状をみた。
すると、ちい先生の名前が書かれていた。

そして、招待状は”せと こうた様”にも届くことになる。

—–58話へ続く




PとJKの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがPとJK57話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにPとJKの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!PとJKを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

PとJK57話の感想

前回の大神との出来事が、功太の心開くきっかけになりました。
カコにもいい刺激になったのでしょうね。
今まで言えなかったことを、率直に真っ直ぐ伝えました。
確実に功太へ想いが届いた瞬間だったのではないでしょうか。

まさか、ちい先生が犯行当時の記憶がなかったとは・・・。
もし自分の父親が自分のせいで殺されて、犯人の記憶がないなんて言われたら、一生許せる気がしません。

忘れられず、許されないまま一人で苦しんでいる功太が心から気の毒になりました。
殺人は本当に罪が重いと感じました。

でも、功太を支えて、味方になってくれる人がいればきっと大丈夫。
将来、カコと功太が幸せになれるよう祈りたいです。

次回もお楽しみに!

—–58話へ続く




本記事のまとめ

この記事ではPとJK57話「2人だから」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間間無料お試しできる

31日間以内に解約で一切料金は発生しません

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!