MAO

MAOネタバレ|最新話【第3話】「門の向こう」のあらすじ感想!



MAOの最新話【第3話】は2019年5月22日発売の週刊少年サンデー2019年25号にて掲載されています!

この記事ではMAO最新話第3話「門の向こう」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してMAOの最新話が収録されている週刊少年サンデー最新号を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

登録した無料ポイントで最新号と次号両方見れます♪

前回までの各話ネタバレはこちら

>>MAOネタバレ一覧<<

MAO第3話|「門の向こう」のネタバレあらすじ

陰陽師である摩緒と妖(?)である菜花

いつかやってくる二人の迎える運命に向かって歩きだす

菜花は自分が昔、交通事故のときに見た化け物のことを話す

どこか人間っぽい化け物を知らないか

摩緒はそんな化け物はいくらでもいると答える

乙弥が戻ると摩緒と一緒に人力車に乗ってどこかへでかけていく

摩緒「また会おう 菜花」

菜花(話の途中だし… また会えるかわからないのに!?)

とちょっと不満そうな表情をしている。

乙弥は、菜花の正体を人間なのか、妖なのかと摩緒に尋ねる

摩緒は意味深な表情をして

あるいは菜花は…

とそこへ、だだだだだだと走ってくる菜花の姿があった。

菜花「ひどいよ!」

摩緒「健脚だな」

菜花は、街の中を人間が行き来しており透けていないことに気づく。

私が通ってきたゲートの反対側を通り抜けると普通の世界がある!?

そこに新聞の号外を配る人がいて、首なし事件の続報だと言っている

乙弥「また出たんですね」

摩緒「気になるね…  この首なし死体事件 被害者はすでに5人…

菜花「ええ!?なに、その事件 全然知らなかった」

新聞を取ると文字だけしかなく、日付を見てみると【大正一二年五月八日】とある

そこで菜花はようやく気づく。

自分が来ている世界は大正時代だと。

摩緒、乙弥、菜花はミルクホールという喫茶店に入る

摩緒は貂子さんという喫茶店のウェイトレスさんらしき人に薬を処方してきたというのだ

貂子は、菜花をみてびっくり!そう、太もも丸出しのこの姿は大正時代には絶対にありえないからだ。

貂子「曲馬団の子ですの?」

摩緒「ちょっと変わった子だから気にしないで」

三人は喫茶店でプリン、ケーキ、珈琲を食しながら話をする。

菜花「つまり、摩緒…さんは大正時代の人なの?」

摩緒「今はまあ、そういうことになるね」

この曖昧な言い方を菜花は気にしている

貂子は自分の妹分である小夜子を紹介する。

小夜子はある子爵のお屋敷で奉公しているのだが、首なし事件の話をする。

最初に殺害されたのが高等学校の学生。その後も身元がわからず被害者はすべて若い男であると。

小夜子はその事件が始まる少し前から、自分が奉公している子爵(旦那様)が日が暮れてから一人で出かけることが多くなり、帰宅した旦那さまのカバンから血のようなものがしたたっていたというのだ。

それを見てしまった小夜子は怖くなって部屋に戻り、朝になって確認すると血はすっかりと拭き取られていたと。

乙弥は旦那様のカバンに入っていたのは首ではないかと。

貂子「摩緒様が追ってらっしゃる猫鬼と関わりがありそうですの?」

摩緒「旦那さまの顔は今どうなっているんだ?」

小夜子「それがずっと包帯を巻いていらして 今 どんな様子なのかはさっぱり…」

摩緒はすぐに見に行こうと、確かめたいと。

そして摩緒は過去の自分の身に起きたことを回想している

ーーー

私はあの時 死んだはずだった

「宝物殿が襲われた!」 「秘伝書は無事か!?」

雨の中、背中に矢が四本刺さっており刀を持った摩緒が倒れている

そこへやってきたのが猫鬼だ

猫鬼「摩緒…体を差し出せ

摩緒「猫…鬼…」

猫鬼「わしに命を差し出せ

誰かが猫鬼を使役して私を呪ったのか?

誰が!?

猫鬼、せめてきさまとさし違えて

と摩緒は刀を猫鬼に向けて振り回すと 確かに仕留めたと思ったが…

ーーー

摩緒は、猫鬼は人の体を器にすると…

摩緒、菜花、乙弥は、小夜子と一緒に子爵の館に着いた。

小夜子は勝手口を開けてくると言い館へはいっていく。

菜花(夜になっちゃった…おじいちゃん心配しているかな

でも、昨日戻ったときは時間が経っていなかった

時間の流れどうなっているんだろう

なんで私の時代と 大正…時代がつながっているんだろう

ここにはなにか手がかりがあるんだ

そして、あの時何があったのかも…)

館に戻った小夜子は、消毒液と包帯を持ってきたと奥様に伝える。

奥様はそこに置いておいてと。旦那様は誰にも見られたくないとおっしゃっていますからね、と。

すると旦那様が口を開く

旦那「小夜子 おまえ 外で誰かと会ってきた…?

臭うぞ わしの嫌いな臭いだ

小夜子(ま…摩緒先生…)

その時、摩緒は妖気を感じた

包帯を巻いた子爵は本当に子爵なのか?

 

 

—–第4話へ続く—–




MAOの最新話を無料で読む方法がある!

ここまでがMAO第3話ののネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにMAOの最新話を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!MAOを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録は簡単1分で完了!

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

MAO第3話|「門の向こう」の感想

菜花は自分のことを聞きたくて摩緒のいる世界で話をしていましたね。

そんなときに首なし事件というものが起こっていると新聞で見て菜花はこの時代が大正時代だと知りました。

摩緒も自分の過去のことが回想され、おそらく陰陽師なので平安時代とかの人物なのでしょうか。

貂子という人、何かの解毒のための薬なのでしょうね。彼女ももしかして妖だったりするかもしれません。

次回は、いよいろ子爵と摩緒の全面対決になりそうです。

子爵(旦那様)は猫鬼なのか。それとも別の妖なのか。

展開がどんどんおもしろくなっていくMAOです。




本記事のまとめ

この記事ではMAO第3話「門の向こう」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

登録した無料ポイントで最新号と次号両方見れます♪
「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!