ヤングマガジン

1日外出録ハンチョウネタバレ|最新話【50話】「救世」のあらすじ感想!



一日外出録ハンチョウの最新話【50話】は2019年6月3日発売のヤングマガジン2019年27号にて掲載されています!

この記事では一日外出録ハンチョウ最新話50話「救世」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録して一日外出録ハンチョウの最新話が収録されているヤングマガジン最新号を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

 

前回までの各話ネタバレはこちら

>>一日外出録ハンチョウネタバレ一覧<<

一日外出録ハンチョウ50話|「救世」のネタバレあらすじ

帝愛地下労働施設内の食堂。

料理が乗ったトレイを持つ大槻は何か違和感を覚える。

「どうしました班長・・・・・・? 髪の毛でも入ってました?」と言う沼川。

大槻「いや・・・・なんか今日・・・・ いつもより多くないか・・? 1品・・・・!

小鉢に入っているもやしのナムルを見ながら言う大槻。

沼川も「言われてみれば・・・」と気付く。

大槻曰く、今までもやしのナムルなんて出た事が無いらしい。

席に着いた大槻らは、早速味噌汁を飲むと、味が美味しくなっている事に気付く。

いつもの味噌汁だったらダシ無し且つ煮立て過ぎの風味もクソもないはずなのに、今日の味噌汁は何故か香り立つ・・・・・・・! 鰹出汁の香り・・・・!

更に、焼き魚の塩加減も絶妙な事に戸惑う大槻。

そして、翌日も料理のクオリティは高かった。

「なっ・・・・!?」と驚愕する大槻。

「どうしました? 班長・・・・!?」と言う沼川に「ど・・・ どうもこうも・・・・・・」と驚愕している様子の大槻。

手に持っているのは白和えの小鉢。

大槻「この白和えに入っているごまの風味と食感・・・・・・ ワシの勘違いでなくば・・・ 炒っとる・・・! 直前にわざわざ一度・・・!」

前日から続く料理のクオリティアップは明らかな異変であった。

大槻は「ま まさか・・・!」と厨房を覗き見る。

厨房には大根のかつらむきをしている中年黒服が居た。

帝愛地下施設で給食を行うのは基本的に黒服なのだが、この中年黒服は今春から担当替えにより給食長に就任したのであった。

名前は柳内。

そば打ちが趣味の鉄人黒服。

後日、宮本から柳内の情報を伺う大槻。

宮本曰く、料理に関してはとことんこだわる人だから、確かに少なからず質が上がるのかもとの事。

ただ、予算は従前通りの為、過度な期待はしない方が良いと大槻・沼川に釘を刺すのであった。

 

ーーー

しかし、料理の質は上がり続けていた。

その日の給食では、ごはんの上に何かが乗っていた。

「バ バカな・・・ この地下でご飯のお供など・・・」と震える大槻に「でもこれめっちゃうまいっス!」と石和。

ご飯の他にも、大根入り酢の物も美味いと言う石和の言葉でピンとくる大槻。

「おそらくこれは・・・ 大根の葉っぱだ・・・・!」

大槻「可食部だが今までは捨てられた大根の葉っぱを・・・・ 柳内・・・いや柳内さんは・・・ 刻んでごま油と醤油でさっと炒め・・・・ ふりかけとして出したんだ・・!」

柳岡は地下の限られた台所事情の中で、自ら食材を注文・発注し、比較的安価でなるべく多くの食材を仕入れつつ、その食材の可食部を余すことなく最大限に使おうと工夫していたのだった。

柳岡自身は自分の趣味を実行しているだけだったのだが、大幅に底上げされた地下の食事レベルに労働者達は泣いて感謝をしていた。

「柳内さんはオレたちに食の喜びを思い出させてくださった救世主・・!」

飯屋であり救世主(メシア)・・・・!

それまで地下で出されていた粗放粗雑なパサパサ飯に苦しめられてきた地下労働者達は歓喜、感動。

そして「ありがとうございます・・・! ありがとうございます・・!」と圧倒的感謝をするのであった。

 

ーーー

数ヶ月後、給食の献立は豆腐ハンバーグ。

「たまには柳内さんが作った肉のハンバーグも食べてみたいな~~!」と言う沼川に「この味を当たり前だと思っとったら危険だぞ・・・」と大槻。

大槻「宮本さん曰く・・・ そろそろ迫っとるらしい・・! 帝愛の人事・・・・・ 異動の時期が・・・!」

「は・・・ はぁ・・・・」と察しがつかない沼川に、柳内の異動の可能性を説く大槻。

1日外出での発散は「1日だけ」と半ば割り切れているのに対し、日常的な「当たり前の」幸せを失う事によるダメージ、喪失感は沼川を食ってしまうぞと忠告する。

そして、沼川自身にそう言ったものの、大槻自身も柳内続投に僅かながら望みを抱いていた。

だが、十中八九異動になるはず。

希望に縋ってはいけないと思いながら、あおさの味噌汁を一気に飲むのであった。

 

ーーー

そして遂に訪れる人事異動当日、大槻達は今日の給食で柳内の続投か否かが分かると息を飲む。

そして、運命の配膳。

トレイに配膳された料理は、黄色く変色した米にポソポソの肉片。味噌すら入っていない無職の白湯。

それを見た労働者達は絶望。

心構えをしていても、やはり上質な料理を提供してくれる柳内の存在は大きかった。

「それにしたってひどい・・・!今回の料理長は・・・! あんまりだ・・・!こんな家畜のエサみたいな・・・・・」と言う沼川。

大槻は料理に違和感を覚え、匂いを嗅いでみると、黄色いご飯から漂ってくる生姜の匂いを感じた。

大槻「というか 白湯だと思っていたこの汁からも・・・・ほんのりと香っとる・・・! 鶏出汁の香り・・・!」

近くに居た小田切は、「このボソボソ肉・・・ ひょっとして鶏そぼろじゃないか?」と大槻に尋ねる。

粗雑な給食に戻ったとばかり思っていた沼川は、混乱している。

「あーー・・・ ちょっと・・・」

厨房から声が聞こえる。

「今日のそれ鶏そぼろ茶漬けだから・・・・ 生姜飯にそぼろとお吸い物かけて食えよ・・・・」

声の主は柳内だった。

湧き上がる歓声。

まさかの柳内、続投決定!!

 

—51話へ続く




一日外出録ハンチョウの最新話を無料で読む方法がある!

ここまでが一日外出録ハンチョウ50話ののネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということもあり、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに「一日外出録ハンチョウ」の最新話を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!一日外出録ハンチョウを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

一日外出録ハンチョウ最新話50話の感想

一日外出録ハンチョウ50話は地下施設内の食事事情の回でした!!

柳内さんの料理の工夫に対しての労働者達の反応笑いました(笑)

地下には食ぐらいしか快楽が無いから、日常の食事もクオリティが上がると超嬉しいでしょうね!!

ていうか、柳内さんは金融屋じゃなくて小料理屋でも開けばいいのでは(笑)

休載明けの期待を超えてきた素晴らしい回でした!!

 




本記事のまとめ

この記事では一日外出録ハンチョウ50話のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!