火ノ丸相撲

火ノ丸相撲ネタバレ|最新話【243話】「土俵の上に人間は」のあらすじ感想!



火ノ丸相撲の最新話の243話は2019年6月3日発売の週刊少年ジャンプ2019年27号にて掲載されています!

この記事では火ノ丸相撲ネタバレ最新話243話「土俵の上に人間は」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してダイヤのA act2の最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

火ノ丸相撲の直近話数ネタバレはこちらから
250話new!249話248話
247話246話245話
244話243話242話

※各話のネタバレは上記のリンクからご覧ください!

前回までの各話ネタバレはこちら

>>火ノ丸相撲ネタバレ一覧<<

火ノ丸相撲243話「土俵の上に人間は」のネタバレあらすじ

立行司40代、木村庄之助(64)
白髪交じりの男性が相撲について説明しています。

「ええ、そうです、立行司、庄之助の名は行司の最高位、
いわば東の正横綱
軍配に手をやった。

「本割では結びの一番のみをさばきます」
短刀に手をやった。
「責任ある大役です、立行司のみが指すこの短刀は、
軍配を刺し違えてしまった際に切腹するための物

「なんて言われてますがないない、今の世で切腹なんて許されませんわな」
快活に笑います。すぐ真剣な表情になって続けた。

「しかし、それくらいの覚悟で臨んではおります
立行司は千秋楽の結び、刃皇と草薙を思い出していた。

観客が声援を送った。
「ここで勝たないといつ勝つんだよ」
ざわざわする観客の目は土俵に注がれていました。

「九月場所も残すところ一番となりました。
現在2敗の力士がなんと3人
解説に熱が入る。

「11日目に鬼丸、12に日目に冴ノ山と連敗その後立て直した
朝陽川部屋大包平」

「今場所は横綱に土をつけました。冴ノ山柴木山部屋」
「同じく柴木山部屋幕ノ内最小ながら連日の激闘で歓声を
集めます、平幕の鬼丸」

横綱の負けで4人による優勝決定戦になります。
草薙はすでに負け越しが決定した。
横綱は勝つと単独首位の優勝で
引退

立行司が息をのみます。
「気分にむらがある横綱でしたがこの時ばかりは
かつてないほど集中していましたよ」
身近でみる横綱は真剣な顔をした。

「観客の臨む展開にはならないだろう」
立行司はたんたんと説明した。

「偉大なる横綱の最後の土俵」
手を短刀にやる。
「確信した私の左手は無意識に腰の短刀を触れていました」

塩を力士が土俵に巻いていく。
「草薙は横綱に11連敗、何より絶不調だったでしょう」
立行司は体を震わた。

「人ならざる者の気配とでも言いましょうか、
横綱は神の依り代とも言われますでしょう」
横綱がゆっくりと土俵あるく。

「私も行司を49年もやっておりますから、
知っとるんです。」
行司は目をつぶって昔の力士を思い出す。

「あれは棋力体力十分な頃の全盛期の大和国ですよ」
蛇の絵を背景いに横綱が白く描かれていた。

「きっかけは間違いなく6日目の鬼丸関との取り組みでしょう」

大和国部屋の力士が練習風景の説明をしていました。

「構えて」
立行司の声に両方の力士がそんきょをとる。
2人ははっきよいを合図にぶつかり合った。

刃皇は回しに草薙の手が当たりました。
ぎょっとした顔で夜の会話を思い出す。

「あなた本当はもっとこの子たちと相撲とりたいんでしょ」
刃皇は不敵に笑って返事をした。
俺の愛を疑うのかい
刃皇の顔は目が3つ増えて額と目の下に目が追加された。

「横綱刃皇は間違いなく全盛期の大和国よりも強かった」
土俵の上で刃皇が草薙を押し返す。

「しかし、勝負というのは面白いもので
必ずしも強いほうが勝つとは限らないんですなあ

—–243話へ続く




火ノ丸相撲の最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがダイヤの火ノ丸相撲243話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに火ノ丸相撲の最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!火ノ丸相撲を無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

火ノ丸相撲243話|「鬼丸国綱と土俵の上に人間は」の感想

普段はスポットの当たらない立行司の語り口でした。
短刀の意味は知らなかったです。
64才から40年も同じ人がやってたようです。
間近で力士の取り組みが見れるなんてうらやましい。

強いほうが勝つとは限らないと、言っていたので
けるんでしょう。
草薙の考えていることを次回やって
取り組みは終わりかと想像してます。

鬼丸以外の対決も熱いので見ごたえありました。




本記事のまとめ

この記事では火ノ丸相撲243話「土俵の上に人間は」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

火ノ丸相撲の直近話数ネタバレはこちらから
250話new!249話248話
247話246話245話
244話243話242話

※各話のネタバレは上記のリンクからご覧ください!

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!