ドメスティックな彼女

ドメスティックな彼女ネタバレ|最新話【236話】のあらすじ感想!



ドメスティックな彼女の最新話【236話】は2019年7月10日発売の週刊少年マガジン2019年32号にて掲載されています!

この記事ではドメスティックな彼女最新話236話のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してドメスティックな彼女の最新話が収録されている週刊少年マガジン最新号を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

登録した無料ポイントで最新号と次号両方見れます♪

前回までの各話ネタバレはこちら

>>ドメスティックな彼女ネタバレ一覧<<

ドメスティックな彼女236話|「本気で返して」

演技に乗せた突然のミヤビの告白だった。

グレイス(ミヤビ)「ありがとエディ」

エディ(ナツオ)「お前に会って、俺は変わった。いつも一人でも大丈夫だって思ってたけど、お前と一緒ならどこでもいける。

グレイス(ミヤビ)「エディ、、、」

そうして2人は、抱き合うと観客から拍手が湧いた。


打ち上げで、ナツオにみんなが駆け寄っていた。

「お前のさっきの演技、驚いたよ。今まで出来ないフリでもしてたのかよ?」

ナツオ「そうじゃなくて、めっちゃ練習したんだよ。」

「それじゃあ、芹沢のおかげだな」

その時、水沢がやってきた。

水沢「お前に彼女が出来たのをお祝いするよ。」

ナツオ「はい?!?」ナツオの顔は赤くなった。

水沢「演技の内容が変わったってのは、そうゆうことだろ?」

ナツオ「それは多分、グレイスのおかげだと思います。練習中にお互い没頭して、役と一つになった気分でした。」

ナツオ「芹沢の中にいたグレイスの本心が、体の外に出てきて、、だったらエディは、どうするだろうか?とか考えてたら、、、。すいません、勝手にハッピーエンドにしちゃって。」

水沢「大丈夫だよ、模擬演劇だから。思ったより、面白かったし。それより、テストの結果なんだけど、、。」

ナツオはツバを飲んだ。

水沢「合格だ。これから、後輩のいい手本になって頑張ってくれよな。」

ナツオの目頭が熱くなった。


ミヤビ「あ、藤井くん!」

ナツオ「芹沢!」

ナツオ「探してたところだった。俺、テスト受かったよ。どうなることかと思ったけど、これでちょっと安心した。ちょっと自身も、ついたし。本当にありがと!!」

ミヤビは意を決したようにこう呟いた。

あのアドリブ、、、『諦めたくない。あなたとたい』は、わたしの本心なの。あなたが好き、、、」

ミヤビは顔を赤くさせた。

ミヤビ「お、驚いたよね、、、?アドリブに答えてくれたとき、なんか嬉しかった。気持ちが伝わった気がして、、、。できたら、明日答え欲しいな。今回は、藤井くんの本心で。」

そのあと、ナツオはミヤビとの思い出を頭に浮かべながら、悩むのだった。


 

ミヤビが寝ていると、ナツオからメールがきていた。

ナツオ「『海の方にきて。』」

ミヤビが海に行くと、そこにはナツオがいた。

ナツオ「ごめんね、朝早くから。ここだと、富士山が綺麗に見えるんだ。芹沢にも見せたくて。」

ミヤビ「もしかして、寝てないの?」ミヤビは驚いた様子で、ナツオに聞いた。

ナツオ「うん、ずっと芹沢のこと考えてて、、、。俺なんか全然、だめだめなのに。けど好きっていってくれて、嬉しかった。ありがと。」

ミヤビの顔は赤くなった。

ナツオ「けど、ごめん。芹沢とは付き合えない。どれだけ、俺のこと思ってくれてたのか、寝ずに考えてた。気づけたかも知れないのに、、、とかも。」

ナツオ「正直、俺なんて対象外かと思ってた。芹沢は演技も上手くて、優しいし。うん、、、。とりあえず、俺は芹沢は、大切で尊敬できる友達だと思ってる。本当にごめんな。」

ミヤビ「謝らないで。謝るのは、むしろ私の方。2学期始まってから、なんか気まずい関係みたいになっちゃって、、、ごめんね。正直、最初から予想してた。可能性ないだろうなって、、。」

ナツオは、芹沢に一緒に公演ができて本当によかったということを伝えた。

ナツオ「芹沢のおかげで、縁起がこんなに楽しんだって感じることができた。だから、気まずい関係なんて言わないで、俺は、、、芹沢ともう一回、力を合わせていきたいんだ。いい、、かな、、?」

そう言って見つめあった、2人の顔は明るく、笑顔に満ちていた。

ミヤビ「もうそろそろ、帰ろっか。みんなもう起きてるかもね。」

ナツオ「うん。」

———————————-

合宿が終わり、ミヤビは家に到着した。

ミヤビ「ゆうか!」

ゆうかが部屋に入ってきた。

ミヤビ「どうしたの?」

ゆうか「や、そろそろ帰ってくるかなって思って。どうしてるかなーって。」

ミヤビ「どうしてるって、、。」

ゆうか「くずおかが、ラインで教えてくれた。」というと、ゆうかは突然、ミヤビをぎゅっと抱きしめた。

ゆうか「今日は、友達の私が、一緒にいてあげる。私は、ミヤビには弱いから。」

ミヤビは、今までの思いが一気に爆発したように、泣き出した。

ミヤビ「初めて感じた感情ばかりだった。顔見るたびに、ドキドキする感じとか、嫉妬心とか、横にいたいって思う気持ちとか、、。辛かったけど、幸せだった。片思いでも、ありがとうっていいたい。」

こうして、ミヤビの片思いの恋が終わった。

—–237話へ続く




ドメスティックな彼女の最新話を無料で読む方法がある!

ここまでがドメスティックな彼女236話ののネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにドメスティックな彼女の最新話を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!ドメスティックな彼女を無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録は簡単1分で完了!

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

▼最新マガジンネタバレ一覧▼

週刊少年マガジン48号収録
2019年10月30日発売!

ドメスティックな彼女236話|の感想

ミヤビがとうとうナツオに対する思いを、伝えましたね!!

ナツオがミヤビに、自分の思いを話す時、もしかしたら付き合うのか?と思いました。

でも、残念ながら答えは、、、って感じの回でしたね。

でも、ミヤビもナツオもお互い、自分の思いを伝えてスッキリしたようでよかったです。

ミヤビの友達のゆうかちゃんもとても優しくて、ステキな友情ですね!!!

 

次回作、全く予想できないですが、期待しましょう!




本記事のまとめ

この記事ではドメスティックな彼女236話のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

登録した無料ポイントで最新号と次号両方見れます♪

▼最新マガジンネタバレ一覧▼

週刊少年マガジン48号収録
2019年10月30日発売!

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!