ドクターストーン

ドクターストーンネタバレ|最新話【113話】「暗号通信の科学」のあらすじ感想!



ドクターストーンの最新話の113話は2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプ2019年33号にて掲載されています!

この記事ではドクターストーンネタバレ最新話113話「暗号通信の科学」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してダイヤのA act2の最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

ドクターストーン113話「暗号通信の科学」のネタバレあらすじ

「船で連絡した時みたく大声で叫びまくるとか」
銀狼の案をアマリリスとコハクは却下する。
「そんな寄声を振りまいて無事ですむわけもないがな」

3人は姿勢をよくするために筒を頭に載せて歩いていた。
銀狼の筒は落ちそう。
おしゃべりをしていた銀狼は目付け役に注意される。

「そっちに面白えもんがいくぞ」
コハクの耳に千空の通信が届く。
ネズミを模したミニ四駆が届いた。

コハクは目ざとくネズミを捕まえる。
「なんかあったときは、そのネズミ発射して」
SOSに手紙を送れるようにした。

銀狼は村にいた時を思い出す。
科学学園で金狼は文字の学習をしていた。
文字と言ってな千空たち現代組は皆読めるようだ」
銀狼がそれを見る。

「なるほど、僕も覚えるよ」
銀狼は金狼とともに学んだ。

アマリリスは、手紙で連絡できることを喜ぶ。
銀狼が浮かない顔をするのを見て不思議に思う。

現実は、
文字?やったよーんそんなめんどいの
銀狼は文字を覚えていなかった。
アマリリスが顔を青ざめさせる。

コハクは自分の服を切り裂いて、指の腹を口で破った。
「それを思いついただけでキミは素晴らしい仕事をした」
スイカのもとにネズミミニ四駆が届く。

SOSが届いたとあわてるスイカ。
切れ端に描いてあるものを見つける。
洞窟まで持ち帰って千空たちに見せた。

「暗号?」
ソユーズは切れ端を見ている。
棒に丸い長方形がついて、
黒いしみ、
長い槍を持った氷月、
黒煙を吐き出す四角いもの。
この4つが縦に並んでいる。

あさぎりが推理を始めた。
「簡単な絵、耳慣れた単語わかりやすくしようとしない?」
ところが、現物はわかりにくい。
「つまり、科学用語
千空は思い当たる物を考える。

「アイスじゃないなら、なんだこりゃ」
千空はプラスチックに思い当たった。

「頭文字と書かな」
あさぎりは指で頭をたたいて考える。
「次は血」
黒いのは血が固まったもの。

「氷月ちゃんはは槍が強調されているからやり」
あさぎりはほかにも候補をつくる。
「あとは、つよい、ながい、こわい」
銀狼は指を切る勇気がないためコハク。
あさぎりはこわいを候補から外した。

「エンジンに見えちゃうけど、印象に残るのは暖炉かな。
あつい、あったかい、ぽかぽか」
千空はうれしそうな顔をする。

「頭文字とんのが1文字か二文字なら96通りか」
コハクたちは通路を歩いている。

「頭首に棲む大木の根元、異様な球形は人工物によるものだ」
コハクは自分が見たものを説明していく。
「究極の宝箱宇宙船、ソユーズ」

意味のある日本語になったのは
ぷら

なが
あった

この組み合わせで意味が通じる。
「スパイチームが見つけやがったぞプラチナをよ」

石化復活液を無限生産できるプラチナ。
「科学王国僧院石化から復活できる」
船員のフランソワ、大樹たちの石が砕けて
人に戻った絵が描かれている。

—–114話へ続く




ドクターストーンの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがドクターストーン113話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにドクターストーンの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!ドクターストーンを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

▼最新ジャンプネタバレ▼

週刊少年ジャンプ51号収録
2019年11月18日発売new!

ドクターストーン113話|「暗号通信の科学」の感想

銀狼の回想途中から変だなって思ってました。
銀狼ってパフォーマンスで千空たちの船を追いかけたことがあるじゃないですか。
勉強まじめにやる?って思ってしまって。

次のページをめくったら笑いました。
そうだよね、銀狼が勉強するはずないよねって安心しました。
石化から逃れていたのが銀狼なのを残念に思った瞬間です。

回想をねつ造する人は初めて見ました。
見栄はりますね。
コハクは絵文字で書くのを思い出させてくれたので
ほめていました。

褒め上手です。
コハクの意図したとおりに進むのかが不安なところでした。
あさぎりがうまいこと解釈してました。

頭文字をとっていくと推測して、
文字を考えていくのすごかったです。
プラチナがあったということでめどが立ちました。
復活液を作ってみんなを戻すんでしょうね。

さりげなく勉強の大切さを教えてあげるあたり
少年誌としていい漫画ですね。
漢字、ひらがなはかけたほうがいいでしょう。

文字の始まりが絵文字から始まったと考えていくと面白いです。
認識のずれで問題がおこって改良をされていったんでしょうね。
同じ言語を使っていても地域によって生物の名前が違うとかあったと
思います。今の形になってこれからも変わっていくんでしょう。
日本語で書けば通じるのでありがたみがわかります。

気になるのは頭首です。
宰相のイバラが今のところ偉い人でした。
トップの頭首は名前と顔両方とも不明です。

いずれコハクたちがあうのでどんな姿をしているか
楽しみにしています。
筋骨隆々なのか
頭のいいタイプなのか想像してます。




本記事のまとめ

この記事ではドクターストーン113話「暗号通信の科学」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

▼最新ジャンプネタバレ▼

週刊少年ジャンプ51号収録
2019年11月18日発売new!

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!