ブラッククローバー

ブラッククローバー|ネタバレ最新話【218話】「最低最悪」のあらすじ感想!



ブラッククローバーの最新話の218話は2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプ2019年40号にて掲載されています!

この記事ではブラッククローバーネタバレ最新話218話「最低最悪」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してブラッククローバーの最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

ブラッククローバーの直近話数ネタバレはこちらから
ブラッククローバー最新話220話new!
219話 218話 217話
216話 215話 213話
212話 211話 210話
209話    

※各話のネタバレは上記のリンクからご覧ください!

前回までの各話ネタバレはこちら

>>ブラッククローバーネタバレ一覧<<

ブラッククローバー218話「最低最悪」のネタバレあらすじ

 

アスタの裁判が進む一方、皆は……..

 

シスターテレジア「マリー…..電話では無事に帰ったと言ったのに、また王都へ…….魔法の会があの子に何の不用事があったというのか。。。。。」

マリーを心配する表情で遠くを見つめるシスター

 

 

シスターテレジア!大変です!!

 

テレジア「レベッカ????」

 

これを見てください!!今日の新聞!!!!

 

と焦る様子で新聞片手にテレジアへと駆け寄るレベッカ

 

 

 

バサッ!!! と新聞を開く

 

各地で新聞記事が公開された。

 

 

—–

 

ハージ村では……

 

し、、、、し、、、、新聞に、、、、

新聞にアスタがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

目を見開いて、驚きが隠せないオルジ神父が叫ぶ

 

そこには、バーーーンと大きく新聞一面にアスタの顔が。

 

それを見たシスターリリー

リリー「国家に対する反逆…….悪魔術師…….これはいったい……」

信じられなさそうな顔で、漠然と新聞記事を見つめるリリー

 

何も知らない子供たちは

 

あはははは 何この肖像画~

誰だ…..

アスタかっこいい~

と新聞記事を見て楽しそうに笑う

 

傍らで、、、、

 

うわぁぁぁぁぁぁ

何が間違ったんだぁぁぁぁぁ!!!

と未だに混乱の様子のオルジ神父

 

—–

 

あはははははは

ついに法罪者になったのかぁ。あの下層民のガキ

くははははは

いい気味だぁ!!!!

 

新聞を読み馬鹿笑いして喜びの表情を浮かべる

ゲルドルポイゾットとジャックザリッパー

 

ジャックの元奉仕中の方々も集まってきた

サリー「うわぁ。じゃあ、アスタもここで奉仕するのかなぁ。じゃあ、ついに解剖してもいいんだよね!?約束したもんね???」

 

と目をキラキラさせながら鼻息を荒くし期待に満ち溢れた様子のサリー

 

ラデス「知るかぁぁぁぁぁ!!!!おい、どうなってるんだよヴァルトス~!?なんで俺がこんなことしなきゃいけないんだよ!?!?」

奉仕中のラデスが怒りを込めてヴァルトスに向かって叫ぶ

 

それに対し落ち着いたヴァルトスは

ヴァルトス「知るか。お前が勝手についてきたんだろ…….俺は罪滅ぼしをすることにした…..」

淡々と気が抜け、元気もなく見える様子で答えた

 

 

その様子に

 

 

 

ザァァァァァァン

 

とジャックの魔法が飛ぶ

 

ジャック「黙れ!!!!次に騒ぎ立てたら切ってしまうからな。犯罪者ども!!!!」

と崖の上からラデスたちに向かって叫ぶ

 

そこにゲルドル負けじと

ゲルドル「もう切っただろ!!!」

と汗をたらし、焦りながらも言い返す

 

ジャック「元々は、手錠をしてない万全の状態でお前らをスライスハムにしてやりたいわ!!どうせそのつもりなら、逃げろ!!!!」

とけんか腰のジャック

 

ゲルドル「無謀な事言うなよ、犯罪者の顔しやがって。」

と少し呆れ顔で口がふさがらない様子のゲルドル

 

—–

 

グシャッ

 

新聞を見てその新聞を握りつぶすクラウス

 

アスタさん……

と心配と不安の表情のミモザ

 

クラウス「これは…..まさか俺たちの責任を全部アスタに負わせる気なのか。。。。。」

新聞記事を読みながら、焦りと怒りの様子のクラウス

クラウスが握っている新聞がグシャグシャになっている

 

するとミモザ

ミモザ「魔法の会の…..ダムナティオさんならありあます….あの人は、、実の父親を処罰したこともあります…..国や法のためなら冷酷に罪を犯す正義の天秤…….!」

焦りながらダムナティオについて説明するミモザ

 

その言葉に、さらに焦りをうかべるクラウス

何か考えが浮かんだのか

 

クラウス「相手はこの国の司法そのもの……..逆らう者は一族全部、処罰のみが待つだけ…….」

と汗を流しながら何かを考えつぶやくクラウス

 

——

ブラックアスタが登場した裁判所では、、、、、、

 

 

ザワザワザワザワ

と会場が騒がしくなっていた

 

 

 

ブラックアスタの姿を見た観客は

 

あの半身はまさに…..!!!!!

昔の伝説に出てくる….悪魔!!!!!

 

観客が個々に発言し、さらにざわめく会場

 

 

 

姿を現したな……!!!

と冷たい表情でアスタに向けてつぶやくダムナティオ

 

 

ざわめき混乱する会場、観客に向けてマリーを抱いて守るアスタ

(短い時間でブラックになることができた。。。。。この前の戦いでなかなかこの力を自分のものに作り上げた…..!!)

と思いながら、

 

大丈夫だ!!!

この力はすでにコントロールしている!!!!

皆を攻撃したりはしない!!!!

 

会場に叫ぶアスタ

 

だが、アスタの声は届かず

 

そんな言葉信用できると思うか?悪魔が憑いた奴め…..!

怖いわ…..!

悪魔の力に落ちた汚い下層民め…..!!

 

殺せ——-!!!!

 

また、王国に災いを招くまいに!!!!

 

即刻死刑に処せ!!!!!!!!!!

 

ざわつく観客達はアスタに向かって叫んだ

 

その声を受けたアスタは、

これ以上何も言えない様子で悔しさと怒りで歯を食いしばりダムナティオを睨んだ

 

 

ざわつく会場とは逆に冷たい表情、落ち着いた様子で淡々と話し出すダムナティオ

 

諦めろ

もしここで私を倒し逃げたとしても、お前は国から追われる身になる。

どこにも逃げ場はない。

それにそうなれば、お前を育てた教会の者もほったらかさないだろう。

 

お前は今ここで断罪を受けなければならない。

 

お前のような危険な者が消えることにより、その少女や多くの騎士団員が生き残れる。

今、この場でこの国でお前を助ける者は存在しない。

関わった者すべてに災いを起こすだろう。

 

アスタに向かい淡々と話を進めるダムナティオ

 

悔しそうに何も言い返せないアスタが歯を食いしばり怖い表情で睨みつく

 

 

そんなアスタに

 

お前は 悪だ

 

と最後に言い放つダムナティオ

 

 

 

 

 

 

 

 

ボカーーーーーン!!!!!!!

 

急に会場の壁が破壊された

 

 

なんだ!!!!

どういうことだ!!

混乱する会場

 

 

破壊されたときの煙の中から現れたのは……

 

「ちょっと~、、、、思ってたより勝手にやらかしてくれてるな…..。裁判は明後日って聞いたけど?そのガキが悪魔でも何かでも知るか。」

「俺が男の中の男と認めた。かっこいい後輩に間違いはない。」

「私の大切な同僚だよ。こんなことで逃すわけにはいかないんだけど~。」

「俺の親友に何をするのか…..全員一緒に呪いで死にたいのか……」

「変身して痛感しました…….いつも堂々と見習いたい努力家です~~。」

「すーごーくやーさーしーくて、いーいーこー」

「マリーが悲しむなら、マリーを助けるついでに助けるかも」

「ガキだけど、どんな過酷な運命も振り払うとても頼もしくていい男よ♡」

「こんな俺でも先輩として立ててくれる、優しくて最高のパートナーだ!」

「こんなに長く生きてきて、たくさん食べさせてくれます!」

「勝手に行動するクソガキだが、適当に譲歩して、真の魔法騎士に近いと言ってもいい」

「バカでうるさくてめちゃくちゃだけど、王族である私が認めるこの国の必要な存在よ!

特にいい意味ではないけど/////」

 

 

 

返してもらう!!!!! アスタを!!!!!!

 

と現れたのは

黒の暴牛

 

全員で壁を破壊し乗り込んできた

 

 

それを見たアスタは、言葉も失い、感動で目も口もふさがらない様子

 

 

 

黒の暴牛の登場によりまた騒がしくなる会場

 

 

ダムナティオと黒の暴牛がアスタを挟む形となった

 

ダムナティオ「対戦の元凶をかばうなど…….黒の暴牛の立場がどうなるかわかってるのですか?」

今まで以上に冷たい表情で団員に告げる

 

その言葉に答える団員

ヤミ「あれ??知らなかった??俺たちは最低最悪の魔法騎士団だけど。

そこの角が生えた二人は俺たちの団員だ。」

 

セクレ「え、、、、?」

と少し驚いた顔だが嬉しそうにヤミの言葉を聞いていた。

 

また続けてヤミは

 

 

手を出すなら

ならず者でも反逆者でも何にでもなってやるよ!!!!

このくそ野郎!!!!!

 

 

ダムナティオに向かって進みながら叫んだ

 

 

 

それをみたアスタ

 

 

みんな。。。。。。。。

 

 

と声も震え今にも泣きそうな表情で感動を隠し切れない様子だった

 

 

 

 

ーーー219話へ続く




ブラッククローバーの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがダイヤのブラッククローバー218話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにブラッククローバーの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!ブラッククローバーを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

ブラッククローバー218話「最低最悪」の感想

裁判が始まり、どうなるかと思ったらまさかの新聞で大きく掲載されて全国に情報がいきわたってましたね。

裁判所でアスタが一人どうなるかとハラハラしましたが、

さすが黒の豪牛!皆が助けに来てくれました!!

個人的に全員が一言ずつ言っていき、最後に全員集合の絵が出てきたのがよかったなと思いました!!

次回は戦いになるのでしょうか???次回も楽しみです!

楽しみに待ちましょう♪




本記事のまとめ

この記事ではブラッククローバー218話「最低最悪」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題 からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

ブラッククローバーの直近話数ネタバレはこちらから
ブラッククローバー最新話220話new!
219話 218話 217話
216話 215話 213話
212話 211話 210話
209話    

※各話のネタバレは上記のリンクからご覧ください!

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!