アクタージュ

アクタージュネタバレ|最新話【70話】「外面」のあらすじ感想!



アクタージュの最新話【70話】は2019年6月24日発売の週刊少年ジャンプ2019年30号にて掲載されています!

この記事ではアクタージュ最新話70話「外面」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録してアクタージュの最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

前回までの各話ネタバレはこちら

>>アクタージュネタバレ一覧<<

アクタージュ70話|のネタバレあらすじ

山野上花子「飲み込まれそうな感じだった?王賀美陸に?」と、小さい夜凪が王賀美の手で食べられそうになるイメージをする山野上。

夜凪はこれではだめだと思い山に来たことを明かし、羅刹女になりきれば王賀美に勝てると思ったと告げる。

山野上「…うむ、ところで景ちゃん、手からビームは出ますか?」顎に手を当て質問する。

夜凪が出ないと答えると、演技者なのに出ないのかと驚く山野上。

山野上「景ちゃん、人間以外の役をするのは初めてよね?」と聞くとハッとする夜凪。

「忘れているんじゃないかしら、景ちゃん、あなたは妖怪が闊歩する世界の住民。
ならばそのように行動してください。演技者なので」

 

――――――――

天知「何度も言いますが王賀美さん、山野上花子はいいんですってば、黒山より美人だし」とお寺での転がる王賀美に言う。

王賀美は座禅中だからだまれと言うが、座禅しているのは自分だけだという天知。

すると王賀美は天知にこのままやり過ごすつもりなのか尋ね、二度と誰も天知の犠牲者にならないよう夜凪の次にすべてを奪うと言った。

王賀美「山野上は演出経験がない上に脚本家だったこともない」

…山野上花子は現在小説家だ。

10代の時から名のある画家だったが、20代で突然彫刻を習い始め芸大に入学。

在学中にどうやってか芥川賞を獲得した、そんな多彩多能な彼女が直接台本を演劇化しようとしたら話題になる……

王賀美「クズ共を混ぜ入れるなって、お前みたいなやつがいるからこの国のバラエティーはつまらないんだ」天知の目の前で圧をかける。

天知「彼女はただのクズではありません。あなたと同じ、立派なアーティストです。
私が嫌いな…」

 

―――――――――

「生意気だなこの人間ごときが」と椅子に座り偉そうな態度で言う夜凪。

沈黙が漂う…

焚火を囲い、神の気分になってみようと言った言葉だったが、山野上花子が求めるものではないようだ。

山野上(崖から落ちるとき可能性が見えたが無理なのか…期待しすぎたのかもしれない、あの人の娘だと聞いて)と冷静な顔で考える。

「景ちゃん、自分の内面だけ向き合っても手からビームは出ません。
あなたに足りないものは外面からの想像力です」夜凪にヒントを与える山野上。

すると風が強く吹き始めたため、テントに戻ろうとするが何か掴めそうだと言って動かない夜凪。

そんな夜凪を見て、昔の話を話し始めた。

私はコロポックルと友達でした。

私の故郷は北海道の山奥で周りに友達どころか民家すらありませんでした。

冬には雪が降り積もり農家だった両親は別の仕事に行き、私は広い家でずっと一人でした。

それでコロポックルのフキ子ちゃんだけが友達でした。

一緒に雪だるまを作ったり絵を描いたり本を読んだり、フキ子ちゃんは私の孤独を知っていたのでずっと隣にいてくれました。

夜凪「で…でも…」

山野上「はい、妖精は空想の産物。フキ子ちゃんは私の妄想かもしれません。
しかし確かにいました。今もきっとその山奥で私を待っています」と少し悲しい表情で言った。

山野上は横を向き、もうフキ子ちゃんが見えなくなったと言った。

好きだった人には好きなひとがいた、学生が足りない中学校が廃墟になった、作家なんか辞めて早く結婚しろと両親から電話が来て、そんな当たり前の不自由な現実が私たちを大人にさせ、常識という事実に捕らわれる。

山野上「私は鎖を外すために物語を作ります。そしたらきっといつか、またフキ子ちゃんに会えるから
自分が死ぬわけないと信じたら虚空でも掴めるかもわからないから」その時夜凪は崖から落ちそうになった時を思い出す。

すると夜凪に目をつむる様に言い、山野上が遠くの山に向かって山彦をした。

花子ちゃ~んと何度も帰ってくる声、山野上にはそれが遠くの北側の山で歌うコロポックルの声に聞こえるという。

「南側で私たちの背中を押す風は百里を超えてきた龍の息。
息が切れるのは南のコロポックル達のおかげかもしれません。
もちろん目より下に見える雲の海は火焔山の花火です」そう言って夜凪の目を開けさせる。

夜凪の目の前に広がるものは想像そのものだった…。

ずっと自分の感情と向き合うことが演技だと思っていた夜凪。

腕を前に伸ばすと、風邪を感じ…人間のまま孫悟空と戦うことが意味のないことだと悟る。

演技の世界には限界がない

すると前にあった雲が消え、下町が丸見えになった。まるで自分がやったかのように…。

山野上「あなたがやったのです。そうやって信じたらいいのです。王賀美陸にはそんな力があります。
常識なんてものは騙さればいい、つまらない世界を否定するのも私たちの仕事」

「いっらっしゃい私の世界に、あなたは更に強くなります」

 

—–71話へ続く




アクタージュの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでがアクタージュ70話「外面」のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐにアクタージュの最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!アクタージュを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

▼最新ジャンプネタバレ▼

週刊少年ジャンプ50号収録
2019年11月11日発売new!

アクタージュ70話|「外面」の感想

作家さんがついに登場してきました!

崖に落とす出会いから始まるなんて常識的にはあり得ないですが、

読んでいくうちに常識というものに深く傷つけられてきたことを知り、納得しました。

夜凪は、山野上作家と一緒にいたら王賀美に勝てるんじゃないかと期待してます。

次も楽しみですね!




本記事のまとめ

この記事ではアクタージュ70話「外面」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

▼最新ジャンプネタバレ▼

週刊少年ジャンプ50号収録
2019年11月11日発売new!

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!