暁のヨナ

暁のヨナ|ネタバレ最新話【176話/30巻】「聞こえた?」のあらすじ感想!



暁のヨナの最新話【176話】は2019年6月5日発売の花とゆめ2019年13号にて掲載されています!

この記事では暁のヨナ最新話176話「聞こえた?」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はmusic.jpに無料登録して暁のヨナの最新刊を読みましょう!

30日間無料お試しできる

30日以内に解約で一切料金は発生しません

前回までの各話ネタバレはこちら

>>暁のヨナネタバレ一覧<<

暁のヨナ176話|「聞こえた?」のネタバレあらすじ

ユン「ヨナ…!」

ジェハ「ユン君手当てしてあげて。僕はハクを助けに行く」

抱えていたユナを渡すとジェハは足早に駆けていく

―――ヨナ姫はご無事である!我々高華国の勝利だぁ!!!!―――

軍勢が盛り上がる中、ハクのもとへたどり着いたジェハはゴビを捕まえている

ジェハ「それどうするんだい?」

ハク「進呈。粗品ですが」

城から投げ落とされたゴビはヴォルドとアルギラにキャッチされた

ヴォルド「感謝します!ハク様!」

アルギラ「陛下が処刑台用意して待ってんぞ」

そんな中ハクはジェハの背に乗り「久々の空中散歩」と喜び、「重い」と文句を言いながらもジェハはハクをしっかりと背負い跳んだ

 

―千州軍との戦は高華国軍の勝利で幕を閉じた

―イン・クエルボ率いるトゥーリ族は北方へと撤退、不戦条約を反故にしたリ・ハザラは投獄

―ついに高華国は千州を完全に制圧し、属国となった斉・真国と合わせてイル王の時代よりも倍の国土を支配することとなったのである

 

借りた天幕の中で苦しそうに咳をしているユナとぐったりと眠っているハクを見てユンが唸る

ユン「これはしばらく動いちゃ駄目だね」

ジェハ「仕方ないよ、ゆっくり治して2人とも」

そんなジェハもユン・キジャ・ゼハに「捕まる前から体ガタガタだから」と心配?をされる

シンア「ヨナ…声が出ないみたい。煙の吸い過ぎか、喉を火傷しているのかも…」

2人の枕元に座るシンアの言葉に薬をもらいに行こうと天幕を出たユンを兵士たちが「医者が足りないんだ!来てくれ!!」と待っていた

ヨナを気にするユンは「自分の事は気にせず行って」とシンアに代弁され「すぐ戻る」と出て行く

ゼハ「当分戻れねーな」

ジェハ「気が付いたら、目についた負傷兵全員手当てしてそうだよね」

ユンと入れ違いで天幕に入ってきたのはヴォルドとアルギラ

アルギラ「ハクにゃん、ヨにゃん!怪我大丈夫⁈」

ヴォルド「皆様お疲れ様です!」

ヴォルドが頭を下げると背負っているゴビが見えた

シンアにヨナの状態を聞いたアルギラは「水を持ってこようか?」と声をかける

ヨナ(水…)

ぼんやりしていたヨナだったが、ハクとの出来事を思い出し赤くなった顔を隠す

アルギラはハクにも欲しいものを聞き「肉」と言われ勢いよく出て行った

ヴォルド「こら、俺の背中にいるゴビ神官を見張れと言ってるだろうが!」

とうにいないアルギラの代わりに自分達が見張ろうかと言い出したジェハとキジャだったが、「姫様をさらった張本人…」なので殴りたくなってしまう

ヴォルド「それはどうか!彼の身柄は真国にお譲りいただきたく!」

2人の会話に慌てるヴォルド

―――ドンドン―――ドンドン―――

天幕の外では”勝利の宴”が始まった

アオのご飯を探しに天幕を出ようとしたシンアに「俺も行く。肉が俺の薬」と安静にしていられないハクが続く

ハク「行きます?足痛むなら、手貸しますよ」

ハクがお腹が鳴っているヨナに声をかけても返事をしないので、布団をめくると真っ赤になったまま起き上がる

ハク(かわいい)

ハクとヨナが出て行き、天幕の中にはヴォルド・ジェハ・キジャ・ゴビが残る

ジェハ「嫌な空間だなぁ…」

―――――

ハク「足、痛みますか?嫌ですか?」

ヨナ(ハク…!傷が開く…!嫌じゃないけど傷が…!)

声が出せないヨナを抱き上げて歩くハクに、ヨナの気づかいは届かない

ハク「シンアのようにはいかねーな…細かく読み取れない」

ヨナ(今頭の中ハクの事でいっぱいだから、細かく伝わると恥ずかしすぎる…)

宴の中ではアルギラが皿いっぱいに料理を盛っていた

アルギラ「ハクにゃん、今持っていこうと思ってたのに」

兵士「おおお、ハク隊長!!」

ハク「待てねーから来た。何か肉くれ、あと酒」

「肉と酒、ありったけ持ってこーい!」「ハク隊長!」「ハク隊長、ありがとうございます」「今度また剣術を教えてください!」

ヨナ(ハク…火の部族兵とすごく仲良くなってる。ハクも楽に話しかけてるし…今回の戦で、彼らの為にも命を懸けたんだ。ハクは本当にたくさんの人を惹きつける。どこにいてもそうだった)

兵士たちに囲まれるハクを眺めながらヨナがそんなことを思っていると、兵士の一人が声をかけてきた

兵士「あんたも食うか?……え⁈ヨナ姫⁈」

喜びに今度はヨナを取り囲もうとする兵士たち

ハク「待った、落ち着け。騒ぐな」

アルギラ「娘さん、火事の影響で今声でないから」

騒ぎの中、馬に乗ってケイシュク参謀が「清潔な布と薬を持ってきた、怪我人に分け与えて」とやってきた

ケイシュク「ヨナ姫はどちらに?お見舞いに伺ったのですが」

ヨナ姫を守らねばとしどろもどろになりながらもウソを答える

―――――

その頃ハクはヨナを抱えさっさと逃げ出していた

ヨナ(走ったら傷口が…もう降ろして)

背中を叩くヨナに「今参謀に会いたくなかった」と答えるハクの耳元で何とか声を出そうと頑張るヨナ

何とか声を出そうとハクの耳元でパクパクと話そうとしていたヨナの息が耳にかかり、驚いてヨナを落としそうになったハク

ハク「危ねえから、耳に息を吹きかけんでくださいよ…」

ヨナ(ビックリした…)

まだ声の出ないヨナの言い分を勝手に解釈してはヨナに叩かれるハクは、突然ヨナの体を引き寄せ抱きしめる

抱きしめられたヨナの目には涙がにじみ、何とか声を出したいとするが咳き込んでしまう

ハク「無理に声出すな。帰って休みましょう……火事の中、出るまでは声聞けたんですけどね……俺が炎の中であんたを見つけた時の事覚えてます?

ハクの問いかけに首を横に振るヨナ

少し落ち込んだ様子のハクとヨナが帰ると「ケイシュク参謀からヨナ姫に」と喉の薬が届いた

心配するハクをよそに一気に薬を飲んだヨナは少し咳き込むと

 

ヨナ「ハ…ハ……ハク…きこえる?…わたし、ハクが好き…

 

咳き込んだヨナに驚いてユンを呼びに行こうとするハクの袖をつまんで、か細い声だったが何とか伝える

ヨナ「こえをはやくだしたくて…きこえた?…やっと、いえた…」

—–178話へ続く




暁のヨナの最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでが暁のヨナ176話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに暁のヨナの最新刊を見るのであればmusic.jpがオススメ!

music.jpの主な特徴
  1. 30日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 漫画、動画、音楽の三拍子揃い
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのmusic.jpが無料お試しキャンペーン中です!暁のヨナを無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

30日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

30日以内に解約で一切料金は発生しません

暁のヨナ176話|「聞こえた?」の感想

高華国の勝利おめでとう!ヨナも気持ち伝えられておめでとう!

「肉が俺の薬」とか言ってたくせに、ヨナを抱きしめた時の切ない感じはたまらん!ヨナの涙が溢れちゃった表情もすごく良かった。

ケイシュク参謀のくれた薬はハクと一緒で正直心配だったけど、ヨナが気持ち伝えられたし効いたみたいだからオッケー!

気持ち伝えてホッとしたのか嬉しかったのか、最後のシーンのヨナの笑顔が印象的だったな…次回はハクの返事になると思うけど…あんまりゴチャゴチャ考えないで素直に返事して欲しいです!




本記事のまとめ

この記事では暁のヨナ176話「聞こえた?」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

30日間無料お試しできる

30日以内に解約で一切料金は発生しません

「漫画村」の代わりに漫画を無料で楽しむ方法

いよいよ運営者が逮捕されてしまった”漫画村”他にも星のロミなど新しいサイトも登場していますが、相変わらず無法地帯なので危険と表裏一体です。

ですのでその漫画村や新生星のロミの代わりに安全快適に電子書籍として漫画を無料で楽しむ方法を解説していますので御覧ください!