七つの大罪

七つの大罪ネタバレ|最新話【309話】「エピローグ3」のあらすじ感想!



七つの大罪309話「エピローグ3」は2019年5月8日発売の週刊少年マガジンにて掲載されています!

この記事では七つの大罪最新話309話「エピローグ3」のネタバレあらすじ感想をお伝えしていきますよ〜!

ネタバレ注意!!

この記事ではたっぷりの文字のみであらすじ・ネタバレをお届けしているので実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はU-NEXTに無料登録して七つの大罪の最新刊を読みましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません

前回までの各話ネタバレはこちら

>>七つの大罪ネタバレ一覧<<

七つの大罪|【309話】「エピローグ3」のあらすじ

が描かれた指輪を人差し指に嵌めています。
「へーーーー、エリーから父さんに」
父親は誕生日プレゼントをみんなにみせてうれしそうな顔をしています。

儂の誕生日プレゼントにと言って今朝突然な

エリザベスは父親の誕生日までまだ余裕があるのに、プレゼントを贈っていました。

「そうそう、今日は例の件を発表しようと思ってる」
父親はゴキゲンな様子で歩きまわっています。

「あー、あれね」
「父上ったら嬉しそう」

エリザベスの家族たちは父親の様子をほほえましそうに見送っていました。

「ささやかなパーティーの準備といくぞ」
「えー、私たちも手伝うのー?」

と、エリザベス達のために準備をしていきます。

〈豚の帽子〉亭

どんどこどん、と大地を踏みしめて移動しています。

酒場は静かでした。

「さっきからどうしちゃったのかしら」
エリザベスはみんなの様子に不安を感じつつ、
ホークに話かけようとしました。

「気にすんなエリザベス、久々の仕入れで突かれてんだろ」

と、メリオダス団長がエリザベスの胸に顔をうずめてきました。
エリザベスに注意されてはがされてしまいます。

「・・・・・・」

エリザベスはディアンヌとの会話を思い出していました。
団長がいなくなるって知ってたの!?

ディアンヌは涙を手で拭ってエリザベスに話しかけていました。

「うん、メリオダスの口から直接聞いたわけじゃないけど」

どうして平然としていられるの

エリザベスの肩をディアンヌがつかんで、怒った表情になります。

「メリオダスが無理にこの世界にとどまれば大変なことになる」

エリザベスは理解を示して答えました。
ディアンヌは納得いかない顔です。

エリザベスは冷たいよ

メリオダスも、仲間との会話を思い出していました。

なんだよそれ、お前が消える?どこに行っちまうんだよ!?」

「十中八九魔界だろうな」

メリオダスはホークやバン達と話していました。

「ま、もともと生まれ故郷なわけだし戻ったら「魔界初の酒場の店主でもやってみっかな」

メリオダスは顎に手をやりながらみんなに夢を語ります。

ふざけんなっ!エリザベスちゃんのこと置き去りにする気かよっ!!」

ホークは歯をむき出して怒り出しました。

「伝えた後のあいつの顔を想像したら、やっぱ無理だったわ」

メリオダスはホークから顔を背けて答えました。
「メリオダスお前はバカだ」

ホークに言われた言葉を無言で受け止めるメリオダスです。

回想は終わりました。

 

ゴウセルが団長に声をかけます。
王国への帰路がだいぶズレてるよ
マーリーンはどこに向かっているのか気づいた様子です。
「ちょっとばかり寄り道させてくれ」

エジンバラの大穴で止まりました。

「メリオダス、ここで一体何を」

エリザベスメリオダスのに手を置きながら問いただします。

「こっからはオレ1人で行く、お前らは上で待っててくれ」

メリオダスはエリザベスに手を握られて、お互い笑みを浮かべました。
2人一緒に穴を降りていきます。

「この穴は確か壇上が作ったものでしたよね」

エスカノールがしゃがみながらつぶやきました。

「なるほど、目的は封印の解除か」

ホークは事情が分からずマーリーンが説明をします。

12年前のエジンバラ吸血鬼襲撃事件で七つの大罪が赴いたとき、

1人の吸血鬼を闇の魔力で封印していました。

その吸血鬼の名はゲルダ

メリオダスは呪文をつぶやいて封印と解きます。

「ゼルドオリスの恋人だ」

美しい女性がメリオダスとエリザベスの前に現れました。

「次に封印から覚めた時、ゼるドリスが目の前に立っていてくれたら
もう何があっても彼のそばを離れないと」

ゲルダは封印されているときに心の中でそう決めていました。

ゼルドリスはあんたを心の底から想い続けていた!!あんただけがあいつの希望だったんだ

ゲルダはメリオダスから魔神王になって魔界を平穏な世界にする気でいたと聞きます。

「誰の目もきにせず、あんたと一緒に過ごすためにな」

ゲルダはメリオダスから、ゼルドリスが行方不明になっていることを聞き、

穴から飛び出していきました。

「私は彼の下へいく、この気持ちあなたにならわかるでしょ?エリザベス」

エリザベスは自分の名前をゲルダに知られていたことに驚きます。

魔界でエリザベスの悪名はよく知られていました。

メリオダス達は、王国のパーティ会場に着きます。

「みんな、急な呼びかけに集まってくれたこと礼を言うぞ」

バルトラはエリザベスを娶って国王になってほしいと頼みます。

メリオダスは飲んでいた物を吹き出してしまいました。

「これは冗談ではない」

マーガレット、ギルサンダー-には断られて、
グリアモールとベロニカで心配だが

メリオダスならみんなが納得してくれるとのことです。

「どうだエリザベスお前も異存あるまい

「あの、父上ごめんなさいその話はお受けできません

エリザベスはメリオダスと一緒に魔界に行くと宣言しました。

バルトラ国王をはじめ、メリオダスの仲間たち全員が驚きます。




七つの大罪最新刊を無料で読む方法がある!

ここまでが七つの大罪309話のネタバレあらすじでした。後ほど感想もお伝えしていこうと思います!

文字のみでお届けしてきたネタバレあらすじですが、きっと漫画ということも有り、実際の漫画の画像つきで見たい!と思ったことでしょう。

すぐに七つの大罪最新刊を見るのであればU-NEXTがオススメ!

U-NEXTの主な特徴
  1. 31日間無料お試し
  2. 見放題動画たっぷり
  3. 雑誌も読み放題
  4. 無料期間でも600ポイントもらえる
  5. 600ポイントで漫画を無料読み

このようにお得だらけのU-NEXTが無料お試しキャンペーン中です!七つの大罪を無料で読みたい!という場合はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

31日間無料お試しできる

登録&解約方法はこちら

31日以内に解約で一切料金は発生しません

七つの大罪最新話309話|「エピローグ3」の感想!

七つの大罪でエリザベスはメリオダスとついていくのを決めました。

エリザベスがメリオダスの腕をだきながらいう見開きがよかったです。

次のページをめくると、バルトラ国王が目玉を飛び出しそうな勢いで驚いていて笑っちゃいました。次号がクライマックスです。

「2012年からよくここまでがんばったなと思います」と、作者の鈴木央が言ってるように
7年の長期連載でした。次号でクライマックスはさみしくなります。




本記事のまとめ

この記事では七つの大罪309話「エピローグ3」のネタバレあらすじと感想をお届けしてきました!せっかくなので文字だけではなく実際の漫画画像付きで無料で楽しむのもオススメですよ〜!!

漫画というのは本来画像つきで見るからこそ臨場感や登場人物の表情も同時に楽しむことができますからねっ!どうしても文字だけでは表現しきれない部分もあるので♪

ちなみに漫画の画バレがそのまま見れる!として人気だった「漫画村」や「漫画タウン」は著作権の問題からすでにサイトが閉鎖されています。ちゃんとした安心の方法で動画などと一緒に楽しむことのできるサービスが今は豊富にあるのでぜひ活用して漫画を楽しみましょう!

31日間無料お試しできる

31日以内に解約で一切料金は発生しません